So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

「甲斐哲哉/竹田焼物」展 2016.9.28(水)~10.3(月)

EPSON001.JPG現在、大分県の竹田総合学園で制作・地域おこしの活動をしている甲斐さんの焼物展示です。
今回の作品は陶芸窯を使用せず、すべて野焼きによる作品です。廃材を燃やし直に炎で焼くことで、1点、1点、表情の違う自然な風合いの器やオブジェが並びました。
モノタイプ版画やドローイング作品も立体作品と共鳴して、美しい空間になりました。
どうぞ、目で楽しんで、手にとって、質感を味わってください。
12:00~19:00
最終日は17:00まで
20160927_164453.jpg20160927_164502.jpg20160927_164529.jpg20160927_164615.jpg20160927_164629.jpg20160927_164924.jpg







20160927_165003.jpg20160927_165016.jpg20160927_165055.jpg20160927_164749.jpg20160927_164710.jpg20160927_164520.jpg

「切り絵と粘土で二人展」2016.9.16(金)~25(日) 20(火)休廊

sugitanimori.jpg杉谷知子<切り絵作家・ライター>
森キヲノリ<粘土作家・グラフィックデザイナー>
杉谷さんの切り絵と森さんの粘土造形作品の二人展です。
杉谷さんは様々な手法で切り絵制作をしていますが、今回は黒と白のみで、美しい物語の世界を表現しました。「オオカミの王子様」は、ストーリーもオリジナル。心がキュンとなるオオカミと女の子のお話です。装丁も素敵なこの絵本を是非手に取って読んでいただきたいと思います。読後に原画を見ると、モノクロの画面に様々な色彩が浮かび上がるような気がしました。
森さんの作品は、手に取って口に入れてしまいたくなるような、和菓子のそっくりさん。陶土やセメントで作られた、豆大福、栗饅頭、カステラ饅頭、金つば、どんどん焼き・・・・ちいさなお菓子が蓋物の器になっています。作品からは、それぞれの和菓子の持つ表情、質感が充分伝わってきますが、実物に近いほど、日常の世界から離れていくような不思議な空気が感じられます。こだわりの世界はお饅頭へのオマージュをまとめた小冊子「饅頭こわい」からも伝わります。美しい画像とエッセイもお楽しみください。
☆ワークショップも同時開催
ギャラリー内で切り絵のワークショップも開きます。
9月17日(土)13時〜16時
9月23日(金)13時〜16時
(それぞれ予約不要・2000円)
是非こちらもご参加ください。

12:00~19:00最終日が17:00まで

20160915_151012.jpg20160915_163659.jpg20160915_163709.jpg20160915_163757.jpg20160915_163823.jpg



20160915_163832.jpg20160915_163849.jpg20160915_163926.jpg20160915_163932.jpg20160915_165226.jpg20160915_165306.jpg20160915_163904.jpg


原島洋二郎 日本画展「この森の軌道」 2016.9.2(金)~9.11(日) 休廊9.6(火)

img005.jpg原島さんは近年、身近な森に息づく草や木のイメージから、柔らかい光、白を基調に見え隠れする色、植物のフォルムが響き合う作品作りをしています。日本画の岩絵の具、金銀箔の発色が美しい作品です。今回は4号~10号の日本画12点が展示されています。
また、原島さんは制作とともに、青梅でギャラリーUORIのオーナーとしても活動しています。
夏の暑さに疲れた頃、静かな森の中でゆっくり目と心を楽しませてください。
12:00~19:00 最終日は17:00まで









20160901_174556.jpg20160901_174603_001.jpg20160901_174614.jpg20160901_174622.jpg20160901_174636.jpg20160901_174643.jpg20160901_174659.jpg20160901_174707.jpg20160901_174719.jpg



くるみギャラリーで「ひみつきちで あ、そ、ぼ」2016.8.20(土)~8.28(日)休廊8.23(火)

himitukiti_1.jpg夏休み、日が暮れるまでみんなで遊んだ秘密基地。
ギャラリーの中に、造形作家9人で、そんな遊び場を作ってみました。
宝箱、お面、コリントゲーム、ピタゴラスイッチ、化石、…
見て遊んで楽しめるものがぎっしりつまっています。
お見逃しなく!

<あそびBAR>
21日(日)27日(土)15時~19時
暑い夏にぴったりのおつまみとドリンクセット

〈蚤の市〉
掘り出し物がたくさん!(売り切れごめん。)

会期…8月20日(土)~28日(日)
火曜日休み
12時~19時 
 最終日は16時まで

20160820_162750.jpg20160819_181524.jpg20160819_181459.jpg20160819_181439.jpg20160819_181402.jpg20160819_181327.jpg20160819_181305.jpg

Moment 尾辻彩花、平田麻由子 2人展   2016.7.27(水)~8.1(月)

moment.jpg2人が“退屈だった日常から救ってくれた1枚のアルバム~PetalのShame~”をもとに作った小冊子をメインに据えた展示です。生活の中で瞬間に動く心の動き、衝動、喜び、悲しみ・・・を色や形で表現しています。
本、CD、バッグ、Tシャツ、アクセサリーなどの展示販売もしています。展示スタイルもポップで、光や音を取り入れて世界観を演出しています。若い2人の展示、どうぞ遊びにいらしてください。
12:00-19:00 最終日17:00まで

20160725_194803.jpg20160725_194827.jpg20160725_194834.jpg20160725_194900.jpg






20160725_194819.jpg20160725_194916.jpg


「西岡達郎作陶展」2016.7.20(水)~7.25(月)

img004.jpg西岡さんは愛媛で青達窯を開き、制作しています。砥部焼き独特の白磁に呉須の藍色がすがすがしい器の展示です。日常使いに最適のお皿、カップ、ポット、花器…たくさんの作品の中からお選びいただけます。
陶板に描かれた勢いのある魚、大皿の梟も迫力です。やきもののデザインを紙に墨で描いた作品も味わい深く惹きつけられます。12:00~19:00  
最終日は17:00まで

20160720_123256.jpg20160720_123309.jpg20160720_123318.jpg20160720_123333.jpg


20160720_123244.jpg20160720_123302.jpg20160720_123346.jpg

鈴木伊美個展ーおだやかなる時のためにー」2016.7.12(火)~7.18(月)

2016garasu.jpgガラスの入れ物やカップとアクリルの平面作品の展示です。色彩を抑えたモノトーンに近い作品が光を受けて、美しく輝きます。吹きガラスで成形されたガラスの面を削ったり、やすったりすることによって、硬質なものなのに、手の跡が感じられる柔らかい質感が出ています。ふくよかな形の瓶、雨のしずくが映るカップ、静かな佇まいですが、存在感と豊かさが魅力的な作品をどうぞご覧ください。蒸し暑い日々もギャラリーの中は涼やかな空気に満ちています。
12時~19時 最終日は17時まで
20160711_165228_001.jpg20160711_165328.jpg20160711_165339.jpg20160711_165441_001.jpg


20160711_165503.jpg20160711_165540.jpg20160711_165554.jpg20160711_165627.jpg


20160711_165637.jpg20160711_165654.jpg20160711_165707.jpg20160711_165605.jpg20160711_165142.jpg

「安東桂 金属造形展―trip―」2016.7.1(金)~10(日)休廊7.5(火)

2016anndoukei.jpg銅やアルミなどを使ったオブジェ、アクセサリーなどの造形物の展示です。ギャラリー内に浮遊する線のオブジェは、柔らかい光を受けて、
フォルムのおもしろさ、陰影の美しさが効果的に演出されています。様々な形の作品は、空間をドローイングしているかのようです。銅の赤、緑青の青、アルミの銀など金属素材の色も魅力的。
其処ここから、新しい世界への物語がはじまります。何処かへ連れて行ってくれるような作品に乗って、旅のわくわく感を味わってみてください。




20160701_121000.jpg20160701_120750.jpg20160701_121023.jpg





20160701_121130.jpg20160701_121007.jpg20160701_120952.jpg20160701_120926.jpg20160701_120839.jpg20160630_190704.jpg20160630_190446.jpg20160630_190423.jpg20160701_121015.jpg

「くるみの鳥の森」 2016.6/10(金)~19(日) 14(火)休廊

2016tori.jpg7人の作家による鳥をテーマにした作品展示です。
木版画、イラスト、陶や布に表現させた燕、雀、梟、ペンギン、インコ、カワセミ、ハシビロコウ、トキ、ペリカン・・・鳥好きの人必見!そうでない人も鳥への興味がぐんぐんわいてくる展示ですよ。壁面を飾る作品、食器、布かばん、パスケース、バッチなど見飽きない豊かな内容です。
梅雨の季節ですが、ギャラリーの森で鳥たちとゆっくりおくつろぎください。

<参加作家>
オガサワラマサコ(陶)小松ゆきこ(イラスト)清水直子(陶)猫野ぺすか(木版)
みんこの生き物図鑑(フェルト)MAJO(陶)R.ECHO(布)

ピッコリアニマーリの企画展示
ギャラリーの近くの小鳥や関連グッズのお店「ピッコリアニマーリ」でも同時期に
小鳥をテーマにした展示を開催します。お散歩がてら、2会場をご覧ください。
こちらの展示は13日から19日まで 水曜日休み
10:00~19:00

20160609_180103.jpg20160609_175954.jpg20160609_175901.jpg20160609_173624.jpg20160609_173504.jpg20160609_171328.jpg20160609_171055.jpg20160609_170748.jpg



20160609_170828.jpg20160609_173128.jpg20160609_173714.jpg20160609_173805.jpg20160609_175915.jpg20160609_180039.jpg20160609_180052.jpg


斉藤俊美個展「ゴーシュと森のなかまたち~だんぼーる・組木・針金のコラボー」2016.6/1(水)~6(月)

saitoutosimi2016.jpg斉藤さんのくるみギャラリーでの個展も3回目を迎えます。毎回、身近な材料が工夫され、素敵な作品になることにびっくりしてしまいます。
今回も賢治の世界から抜け出した組木の人や動物、段ボールの額縁、針金のジャズプレイヤーなど、たっぷりご覧いただけます。
見ているうちに「工作は楽しい、作ってみたい」という思いが高まってきます。



毎回おなじみのワークショップコーナーで額縁作りも随時体験できます。
もの作りや材料のお話を作家とできるのも楽しいですよ。
1日(水)から6日(月)12:00~19:00 最終日は17:00まで

20160601_102248.jpg20160601_102538.jpg20160601_102928.jpg20160601_102937.jpg20160601_102746.jpg20160601_102516.jpg20160601_102415.jpg20160601_102212.jpg20160601_101639.jpg




20160601_101653.jpg20160601_101725.jpg20160601_101741.jpg20160601_101823.jpg20160601_101959.jpg20160601_102049.jpg

前の10件 | -